山原麗華の活動ブログ♡

沖縄県出身のアコーディオン奏者 / ラジオ沖縄パーソナリティ / 華華天国→金曜14時30分〜16時30分 / 山原麗華の元気なナツメロ(爆笑)→木曜19時30分〜21時55分、出演中!お仕事の依頼はコチラまで💌reika.yamahara@gmail.com

私が歌う理由を考えてみた〜アコーディオンを始めたきっかけ〜

我が家は昔から、父親の影響で音楽に触れられる機会が多い家でした( ¨̮ )

f:id:reika-yamahara:20220925125033j:image

ピアノ、アコーディオン、サックス、クラリネット、ギター、三線ウッドベース…と何でもあったのですが、

f:id:reika-yamahara:20220925123958j:image

そんな当たり前のように音楽の中で育った私が、『本気で歌いたい!』と思うようになったのは実はここ数年の話しなんです𓂃𓈒𓏸︎︎︎︎ 🕊

 

大学卒業後に勤めていた介護施設に、東日本大震災の被災者が、緊急入所された事がきっかけでアコーディオンを始めました。

その方(以下Aさんとします)は、沖縄の方言がわからず、豚肉料理が多いこの地で豚肉が食べられず食事もろくにしないまま、完全に心を閉ざしてしまっていました。

 

東日本大震災があった時、私の家は東京にありましたが、たまたま沖縄に帰省していた為、その後東京へ帰ることはありませんでした。

大学の友人の多くと連絡もとれず不安なまま過ごしていたので、Aさんを放っておけなかったのかもしれません。

 

Aさんをどうにか元気にしたい!と思い、自分に何が出来るのか考えました。

「歌は好きですか?」と聞いた所、首を縦にふってくれたのです。

 

それから家に帰って父親に相談。

「よし!アコーディオンを練習しよう!」の一声で毎日の特訓が始まりました。

 

「なるべく早く、Aさんを少しでも元気にしたい!」の気持ちだけで、一生懸命でした。

 

拙い演奏でしたが、Aさんの前で最初に弾いたのは『二人は若い / ディック・ミネ、星玲子』

一緒に口ずさみ、初めて笑顔を見せてくれたんです。

それから毎日練習してレパートリーを増やしていきました。

そんな時、「歌を聞いてる時だけは、生きていて良かったと思う」と言ってくれたのです。

 

本当に嬉しかった!💐

 

音楽で人を元気にできる!

 

そう実感したからこそ、今でも私は歌う事を続けています。

そして、1人でも多くの人に会って伝え続けたいと思っています。

 

そんな風に、音楽で人と繋がり、誰かを元気にする体験をいくつもさせて頂きました。

 

だから私は、自分の可能性を信じたい。

だって、たくさんの人達の笑顔があって、色んな言葉をかけて頂いて、応援してくれる人が居るんだもの。心強いです😊🙏💕

 

たくさんの人に『ありがとう』と言ってもらったり元気をもらっているから、その感謝の気持ちをちゃんとお返ししたいのです😊💐

 

これからも多くの方にお会いし、音楽を通して誰かを元気にしたいな🌸

 

どこかでお会いできた際は、宜しくお願いします🥰

 

 

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

 

ラジオ沖縄(AM864,FM93.1)『 山原麗華の元気なナツメロ(爆笑)』
毎週木曜 19時30分~21時55分 生放送O.A!

ツイッター:@reika_yamahara

YouTube

★歌声ROK(ラジオ沖縄公式YouTubeより)

Instagram:@reika_yamahara